• ホーム
  • ED治療は症状に気づいたらすぐにする

ED治療は症状に気づいたらすぐにする

白い薬と手

性器の問題になることからなかなか相談しづらいのは理解できますが、EDの症状は命の危険を発しているシグナルの可能性もあります。
基本は命の危険がある狭心症や心筋梗塞とEDは起きるメカニズムは同じであると考えるようにしましょう。
動脈硬化やコレストロールなどの影響で血流が損なわれることから、これらの症状が起きます。
勃起が弱くなっている、まったく起たない症状を抱えているのであれば、それは狭心症や心筋梗塞を起こす前触れである可能性があります。
また高血圧や糖尿病でもEDは起こりやすくなりますので勃起の問題を抱えているのであれば、恥ずかしがらずに病院に行くことをおすすします。
他の病気を併発している可能性があることを視野に入れるべきです。
ED治療と一緒にそれらの症状も改善していくことをおすすめします。
基本はED治療といっても完治をするわけではありません。
あくまでもED治療は一時的に医薬品によって勃起力を高めるだけであり、完治を目指す治療ではありません。
完治を目的とするのであれば、EDの原因となっている症状を改善する必要があります。
生活習慣病であれば、高血圧や糖尿病等の改善を目的とした治療をしなければいけません。
またそれらを治療するとなると時間がかかり、その多くはこれからもうまく付き合っていく症状になっています。
ED同様、付き合う気持ちが重要です。
どちらにしろEDの症状が出たら、何かしら体がシグナルを発している可能性を理解することが大切です。
早めに取り組めば大きな病気をすることなく、食い止めてうまく付き合っていくことも可能です。
男性器の問題になりますが、恥ずかしがらずに医師に相談することをおすすめします。

アーカイブ
サイト内検索